全国B型肝炎訴訟静岡県弁護団からのご挨拶

 平成23年6月28日、全国B型肝炎訴訟の原告団・弁護団と国との間で、国が被害者に対する責任を認め謝罪し、被害者救済に向けた「基本合意」が成立しました。また、平成24年1月13日からは「特定B型肝炎ウイルス感染者の給付金等支給に関する特別措置法」が施行されました。
 『自分も集団予防接種によるB型肝炎被害者ではないか?』と思われる方は、一人で悩まずに、まずは弁護団までご相談ください。

【最高裁】除斥慢性肝炎 逆転勝訴!!

2021 年 4 月 27 日 火曜日 投稿者:B型肝炎弁護団

2021年4月26日,最高裁判所において,集団予防接種を原因とした慢性肝炎を20年以上前に発症し,沈静化した後に再発した原告らが国に損害賠償請求を求めた訴訟について,最初の慢性肝炎発症時を起算点として除斥期間を適用した福岡高等裁判所の判決を破棄し,逆転勝訴の判決を言い渡しました。

同様の再発肝炎の被害者はほかにも111名,それ以外に除斥の肝炎を戦っている被害者も200名以上います。
我々は,不合理な除斥の壁に立ち向かう被害者全員の救済を求めて,今後も全国の原告団・弁護団,支援者と一丸となって戦い続ける決意です。

※給付金請求には期限があります(2022年1月12日)。
『自分も集団予防接種によるB型肝炎被害者ではないか?』と思われる方は,一人で悩まず弁護団にご相談ください。

2021.4.27 静岡新聞(朝刊)より