全国B型肝炎訴訟静岡県弁護団からのご挨拶

 平成23年6月28日、全国B型肝炎訴訟の原告団・弁護団と国との間で、国が被害者に対する責任を認め謝罪し、被害者救済に向けた「基本合意」が成立しました。また、平成24年1月13日からは「特定B型肝炎ウイルス感染者の給付金等支給に関する特別措置法」が施行されました。
 『自分も集団予防接種によるB型肝炎被害者ではないか?』と思われる方は、一人で悩まずに、まずは弁護団までご相談ください。

請願署名ご協力のお願い

2016 年 3 月 3 日 木曜日 投稿者:B型肝炎弁護団

これまで、全国B型肝炎集団訴訟原告団・弁護団は、肝炎医療費助成を求めて請願署名活動に取り組み、合計64万筆の署名を国会に届けてきました。

昨年は、約270名もの国会議員に紹介議員となっていただき、参議院では請願署名が採択されました。また、障害認定基準の緩和や、定期検査費用女性の拡大など、具体的な成果も出ています。

その一方、ウイルス性肝硬変・肝がん患者に対する医療費助成等の実現には至っておらず、残された課題もあります。

そこで、全国B型肝炎集団訴訟原告団・弁護団は、今年も引き続き、請願署名活動に取り組んでいきます。

つきましては、皆様にも本署名活動にご協力いただきたくお願い申し上げます。下記弁護団宛にご連絡いただけましたら、請願署名用紙をお送りいたします。1筆からでも結構ですので、皆様のご協力をお待ちしております。

なお、署名用紙は、4月中旬を目途に集約いたします。

 

【請願項目】

1 ウイルス性肝硬変・肝がん患者に係る医療費助成制度づくりを早急に検討し進めてください。

2 既に着手しているB型肝炎ウイルスを排除する治療薬等の研究開発を加速してください。

3 潜在する肝炎患者・感染者の早期発見と適切な治療のため、肝炎ウイルス検診を更に促進し、陽性者を受診・治療に結びつけるフォローアップ施策にいっそう力を入れてください。

 

【お問い合わせ先】

弁護士法人ライトハウス法律事務所内

全国B型肝炎集団訴訟 静岡弁護団事務局

電話:054-205-0577

※電話口に出たものに、B型肝炎の署名の件とお伝えいただきますと、

スムーズにお取次ぎできます。