全国B型肝炎訴訟静岡県弁護団からのご挨拶

 平成23年6月28日、全国B型肝炎訴訟の原告団・弁護団と国との間で、国が被害者に対する責任を認め謝罪し、被害者救済に向けた「基本合意」が成立しました。また、平成24年1月13日からは「特定B型肝炎ウイルス感染者の給付金等支給に関する特別措置法」が施行されました。
 『自分も集団予防接種によるB型肝炎被害者ではないか?』と思われる方は、一人で悩まずに、まずは弁護団までご相談ください。

第20次提訴を行いました。

2013 年 11 月 5 日 火曜日 投稿者:B型肝炎弁護団

平成25年10月31日に、第20次提訴を行いました。

今回の提訴は、原告数(=被害者数)23名(うち3名は、すでに和解済みの被害者からの2次感染者)で、病態の内訳は、肝硬変(軽度)3名、慢性肝炎7名、キャリア13名です。

これで静岡での提訴者数は、和解が成立した82名を含め、計251名となりました。

 

提訴後には

①和解に必要な資料を揃えて国へ提出する、

②国からの回答(追加の資料を求められる場合があります)、

③和解 というステップを踏まなければならず、

一定の時間がかかりますが、少しでも早く和解できるよう、資料の収集等を進めて参ります。